世の中好景気といえどもサラリーマンの年収は上がらず、リストラや大幅な人員削減なんてニュースばかりが耳に入ってきます。年収は多いほうがいいと考えるのが普通なのですが、このご時勢では、独身男性の大半が400万未満といっても過言ではありません。

そんな中、高収入の男性を射止めるには非常に確率が低く、気長に探すといっても年齢が上がるに連れてより困難となります。また運良く希望通りの年収の相手と結婚できても、フィーリングが合わなければ結婚は辛いものとなります。そこで、まずはいったん年収を置いといて、相手の人柄に触れてみてはどうでしょうか。

気が合うかどうか、一緒にいて楽だとか、大切にしてくれるかどうかなどを見極めたうえで、年収を考えてみてください。きっとハードルは下がるのではないかと思います。

[参考ニュース]
「自慢の旦那」は年収300万円。周囲も羨むおしどり夫婦の秘密