鳥取の結婚相談所にインターネットから入会無料で出会いを体験。鳥取県の結婚相談所は若い方から中高年バツイチにも口コミ人気の当社で、お見合いパーティーや婚活を体験しましょう。                    
更新]

まずはじめにこちらからトップページをご覧ください。

鳥取の結婚相談所なら地域でお会いできる当社へ

鳥取の結婚相談所をインターネットでお探しの皆さまへ。
お見合いを無料で登録できる口コミで人気の「恋愛&結婚相談所 出会いNo.1」がお勧めです。

20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所は鳥取の会員様がご利用中の当社をご検討くださいませ。の会員様がご利用中の当社をご検討くださいませ。
サポート地域を抜粋:鳥取県鳥取市米子市倉吉市境港市岩美郡八頭郡東伯郡西伯郡日野郡

鳥取における婚約や結納までの結婚相談所の常識をご紹介

婚約や結納などご質問の多い「鳥取の結婚相談所の常識」を抜粋しました。

  • 鳥取の結婚相談所に地域の方から多いご相談として、まず婚約の作法は、男性側が女性宅に羊羹を持参し、女性側がこれを受け取れば結婚を承諾したという証となる習慣があります。またこの時に、雌雄一対の鯛の箱詰めと角樽1対も持参します。この儀礼を”樽を入れる””なまぐさを入れる”などと呼ばれています。
  • 結納品は、目録の署名は本人の名が多く、東部では50,000円前後で7品目、西部では80,000円前後で9品目が参考目安となります。品目の”喜多留”と”松魚”には結納金の1割前後を分けて包みます。さらに”迎え傘と迎えぞうり”といって、傘と履きものを納めたり、県中部では角樽と”やそはち(八十八)”という、布袋に入れたお米をつけることもあります。女性側は記念品などを贈ります。
  • 結納と結納返しは、一般的に女性宅に、両親と本人、仲人夫婦が集まりますが、東部では本人たちが出席しないところもあります。当日は男性側が結納品を納めるだけで、女性側の結納返しは荷物送りの時などに行います。なお、東部では結納返しは行わず、当日に記念品を用意します。また、西部では結納が行われることを”樽が入る”などともいわれています。米子市近辺では、朱塗りの杯で酒を酌み交わす”固めの杯”の儀礼を行うこともあります。
  • 鳥取の結納金”宝金、小袖料”は、100万円前後が参考目安となります。
  • 鳥取の披露宴は、一般的に招待制で、費用の分担は新郎新婦双方で人数割りにするようです。鳥取市や米子市近辺など都市部などでは、ホテルや専門の式場などを利用することが多いようです。
  • 鳥取の引出物は、鳥取市近辺では、記念品と菓子、紅白の餅や赤飯の折りなどの3品で、5,000前後が参考目安となります。米子市近辺では、記念品とケーキ、鰹節など3品で6,000前後が参考目安となります。

運命の相手があなたと会える日を待っています。
こちらから簡単なシステムと無料登録についてご覧ください。

結婚相談所 鳥取県|まじめな出会い・お見合い

鳥取の結婚相談所といえばインターネットや口コミで人気の「恋愛&結婚相談所の出会いNo.1」がお勧めです。女性は無料・男性は登録無料で、最も人気の”お見合いパーティーふたり”は、昔ながらの「お見合い結婚」とは異なり、恋愛結婚できる新たな”お見合い”の形です。
20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所を鳥取県でお探しの皆さまはぜひご検討ください。