沖縄の結婚相談所にインターネットから入会無料で出会いを体験。沖縄県の結婚相談所は若い方から中高年バツイチにも口コミ人気の当社で、お見合いパーティーや婚活を体験しましょう。                    
更新]

是非こちらからトップページをご覧ください。

沖縄の結婚相談所なら地域でお会いできる当社へ

沖縄の結婚相談所をインターネットやスマホで検索している皆様へ。お見合いを無料で登録できる口コミで評判の「恋愛&結婚相談所の出会いNo.1」をお勧めします。

20代30代40代50代~中高年やバツイチの方も結婚相談所といえば沖縄の会員様がご利用中の当社をご検討くださいませ。の会員様がご利用中の当社をご検討くださいませ。
サポート地域を抜粋:沖縄県那覇市宜野湾市石垣市浦添市名護市糸満市沖縄市豊見城市うるま市宮古島市南城市国頭郡中頭郡島尻郡宮古郡八重山郡

沖縄における婚約や結納までの結婚相談所の常識をご紹介

よくあるご質問の婚約や結納など「沖縄の結婚相談所の常識」を抜粋しました。

  • 沖縄の結婚相談所に地域の方から多いご相談として、まず婚約の作法は、とくに決まった儀礼はなく、両家で挨拶程度の行き来があるだけのようです。
  • 結納品は、目録の署名は本人の名が多く、30,000円前後で7~9品目が参考目安となります。品目の酒や肴や現物です。さらに県内独特の祝い料理や祝い菓子を用意します。女性側は特に何も用意しません。
  • 沖縄の結納金”小袖料、御帯料”は、50万~100万円が参考目安です。また”はんだらす(半を出す)”といって、必ず末尾に端数(5円など)をつけます。
  • 結納と結納返しは、”さきむい(酒盛り)”とも言われ、女性宅に本人と両親、兄弟姉妹、親族などが集まります。当日、男性側は結納品の他に、”むいちりー”という盛り合わせの祝い料理と松風やサーターアンダギー、カタハランブーなどという祝い菓子も用意します。結納は仏間で行われ、男性側が納めた料理や菓子は仏前にいったん供えられます。”固めの杯”を酌み交わした後、祝宴が開かれます。女性側はもてなしとして、吸い物やお造り、赤飯を用意し、男性側が納めた料理と一緒に出します。そして男性側のおみやげとして「鯛かまぼこ」を用意します。さらに結納の3日後、女性側の両親と本人が男性宅に、男性側が料理を持参する際に使われた器に塩やすしなどを詰めて訪れる”むっちゃぬうゆえー(三日のお祝い)”というならわしがあります。
  • 沖縄の披露宴は、祝辞よりにぎやかな余興で、招待客をもてなすのが特色で、招待客は200人を超えることがほとんどのようです。会場はステージがついており、”かぎやで風”などという祝舞や、最後に”カチャーシー”という踊りが踊られます。
  • 沖縄の引出物は、記念品などの1品で2,000円前後が参考目安となります。

運命の相手があなたと会える日を待っています。
こちらから簡単なシステムと無料登録についてご覧ください。

結婚相談所 沖縄県で真面目な出会い、お見合いを叶えます

沖縄の結婚相談所といえばインターネットや口コミで人気の「恋愛&結婚相談所の出会いNo.1」がお勧めです。女性は無料・男性は登録無料で、最も人気の”お見合いパーティーふたり”は、昔ながらの「お見合い結婚」とは異なり、恋愛結婚できる新たな”お見合い”のスタイルです。20代30代40代50代から中高年やバツイチの方も結婚相談所を沖縄県でお探しの皆さまはぜひご検討ください。