京都 結婚相談所にインターネットで無料登録して出会いを体験。京都府の結婚相談所は口コミで若い人から中高年バツイチにも人気の当社で婚活・お見合いパーティーを体験しましょう。                    

まずはじめにこちらからトップページをご覧ください。

京都の結婚相談所|すべての地域で仲介

京都の結婚相談所をインターネットでお探しの皆さまへ。
お見合いを無料で登録できる口コミで人気の「恋愛&結婚相談所 出会いNo.1」がお勧めです。

20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所は京都 の地域が充実の当社をどうぞ。
一部の地域を抜粋:京都府京都市北区上京区左京区中京区東山区下京区南区右京区伏見区山科区西京区福知山市舞鶴市綾部市宇治市宮津市亀岡市城陽市向日市長岡京市八幡市京田辺市京丹後市南丹市木津川市乙訓郡久世郡綴喜郡相楽郡船井郡与謝郡

京都の婚約や結納など結婚相談所の常識

婚約や結納などご質問の多い「京都の結婚相談所の常識」をまとめました。

  • 京都の結婚相談所に地域の方から多いご相談として、まず婚約の作法は、最近では見られなくなりましたが、男性側が女性宅に訪れ、女持ちの扇子を入れた桐箱を白木台にのせ、それを家紋入りの塗り台にのせて袱紗をかけて差し出します。女性側がその扇子を納めると承諾したということになります。そして、あらかじめ用意しておいた男持ちの扇子を、その台にのせて返す儀礼があり”見合い扇子”などと呼ばれています。これらの扇子は5,000円~8,000円前後の品が選ばれ、結婚式の際にお色直しに使われます。
  • 結納品は、目録の署名は親の名が多く、50,000円前後で7品目で、伏見以南では50,000円~100,000円前後で9~15品目が参考目安となります。品目の”柳樽料”と”松魚料”は、結納金の1割前後を分けて包みます。女性側は男性と同程度か、一段控えめな品目を用意します。”柳樽料”は”清酒料”に、”松魚料”は”鮮魚料”に名称をかえ、いただいたお金の半額程包みます。最近では袴料を記念品にかえて贈ることが増えてきましたが、”袴料”の場合は結納金の1割前後を包みます。
  • 京都の結納金”帯地料”は、100万~200万円前後が参考目安となります。
  • 結納と結納返しは、最近では女性宅やホテルで集まりますが、以前は男性側の親族または仲人が、両家の間を往復していました。当日は男性側が納めるだけで、女性側は受書と仲人への謝礼にあたる”おつうり”を渡します。また、お返しは荷物送りの時などに行われます。特に本人や家族へのおみやげを用意する習慣はありません。
  • 京都の披露宴は、一般的に招待制で、南部ではホテル、北部では専門の式場などを利用することが多いようです。宴はディナー形式で、和洋中さまざまなお料理が出されています。福知山市や綾部市近辺では、本家分家のつながりを大変重んじており”かぶ”と呼ばれています。そして披露宴などの席順は慎重に決める必要があります。
  • 京都の引出物は京都市近辺では、記念品と菓子などの2品で4,000前後が参考目安となります。舞鶴市近辺では、記念品と菓子、折り詰めなどの3~5品で10,000円~15,000円前後が参考目安となります。

結婚相談所にあなたも無料で入会しませんか。
こちらから当日までの流れをご覧ください。

結婚相談所 京都府|まじめな出会い・お見合い

京都の結婚相談所はインターネットや口コミで人気の「恋愛&結婚相談所 出会いNo.1」をどうぞ。
女性完全無料・男性登録無料です。
当社が自信をもってお勧めする”お見合いパーティーふたり”は、かたくるしい「お見合い結婚」ではなく、恋愛結婚を叶える新しい”お見合い”の形です。
20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所を京都府でお探しの皆さまはぜひご検討ください。