福井 結婚相談所にインターネットで無料登録して出会いを体験。福井県の結婚相談所は口コミで若い人から中高年バツイチにも人気の当社で婚活を体験できます。                    
更新]

まずはじめにこちらからトップページをご覧ください。

福井の結婚相談所|すべての地域で仲介

福井の結婚相談所をインターネットでお探しの皆さまへ。
お見合いを無料で登録できる口コミで人気の「恋愛&結婚相談所 出会いNo.1」がお勧めです。

20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所は福井 の地域が充実の当社をどうぞ。
一部の地域を抜粋:福井県福井市敦賀市小浜市大野市勝山市鯖江市あわら市越前市坂井市吉田郡今立郡南条郡丹生郡三方郡大飯郡三方上中郡

福井の婚約や結納など結婚相談所の常識

婚約や結納などご質問の多い「福井の結婚相談所の常識」をまとめました。

  • 福井の結婚相談所に地域の方から多いご相談として、まず婚約の作法は、最近では結納の際に一緒に行われることがほとんどですが、男性側が酒やするめを持って、女性宅を訪れていました。
  • 結納品は、目録の署名は親の名が多く、70,000円~80,000円前後で、7~11品が参考目安となります。品目の”家内喜多留”と”寿留女”に結納金の1割程度を分けて入れます。嶺北地方では、さらに”小袖料”と”車料”をつけることがあります。”小袖料”は30万~50万円前後で、”車料”は自動車に相当する50万~100円程度を用意します。女性側は、いただいた結納金の包みをかえて使用します。”袴料”は”袴料”に、”喜多留”は”柳樽”に、”寿留女”は”松魚”にかわります。”袴料”は結納金の1割前後で、”柳樽”と”松魚”にそれぞれ”喜多留”、”寿留女”と同額を用意します。嶺南地方では、女性側は”納幣熨斗”・”末広”・”袴料”・”家内喜多留”・”松魚”に合わせて結納金の1割程度を包みます。
  • 福井の結納金は”御帯料”は、100万円程度が参考目安となります。
  • 結納と結納返しは、嶺北地方は、一般的に女性宅に、本人と両親、親族代表が集まります。男性側から結納品を納めるだけで、女性側の記念品は挙式当日に用意します。男性側は、結納品のほかに”御仏前”、家族へのみやげを持参します。家族へのみやげは、表書きに男性には”御扇子料”、女性には”御真綿料”、子どもには”御菓子料”と書き、10,000円程度の現金を包みます。女性側の用意する祝い膳は、披露宴並みか、ところによって披露宴以上のお料理を出される場合があります。結納返しは、男性側と同程度の品を用意するか、いただいた品の包みを変えて使用します。この他に記念品と”御仏前”、家族へのみやげも用意します。
  • 嶺南地方は、基本的には、仲人が両家を往復しますが、ここ最近では女性宅に、本人と両親などが集まることが増えてきました。男性側から結納品を納めるだけで、女性側は受書のみとなります。仲人がいる場合は、受書とともに”おうつり”も用意します。結納返しは、男性側より控えめな品を用意し、荷物送りの日などに行われます。
  • 福井の披露宴は、一般的に招待制となります。。嶺北地方では、海山の珍味がふるまわれた豪華な祝宴が催されます。披露宴終了後、新婦側の招待客が帰途につく時に”木遣り音頭”で送ることがあります。
  • 福井の引出物は、福井市近辺では、記念品と赤飯、かまぼこ、果物、まんじゅう、ケーキなどに、最近では見られなくなってきましたが、菓子や折り詰め、焼き鯛など合わせた7~9品で、10,000円~15,000円前後が参考目安となります。

結婚相談所を気軽に体験してみませんか?
こちらから当日の流れや無料入会についてご覧ください。

結婚相談所 福井県|まじめな出会い・お見合い

福井の結婚相談所はインターネットや口コミで人気の「恋愛&結婚相談所 出会いNo.1」をどうぞ。
女性完全無料・男性登録無料です。
当社が自信をもってお勧めする”お見合いパーティーふたり”は、かたくるしい「お見合い結婚」ではなく、恋愛結婚を叶える新しい”お見合い”の形です。
20代30代40代から中高年やバツイチの方も結婚相談所を福井県でお探しの皆さまはぜひご検討ください。