結婚は良い時ばかりではありません。長い人生には、リストラや病気、事故、災害など思いもよらない不幸な出来事に見舞われる可能性があります。これは相手だけではなく自分自身も例外ではありません。

そんな時、自分は相手を生涯支えられるのか、相手は自分を生涯支えてくれるのか、そのどちらもが叶ってこそ真のパートナーと言えます。結婚を焦るあまり表面だけ見て決めてしまうと、せっかく結婚できても不幸になってしまいます。

真のパートナーと出会うためにもじっくり考えた上でお互いが幸せになれる相手と結婚をしてください。

[参考ニュース]
運命を分ける?「不幸な結婚をする女性」と「幸せな結婚をする女性」のチェックポイント4つ